健康茶 またたび 野草入浴 よもぎ 梅干 モロヘイヤ 備長炭 うこん 健康酒 にんじん 柿の葉 ハブ茶 桑の葉 クレソン
野草商品開発ツルカメ堂

〒646-0301和歌山県西牟婁郡
白浜町市鹿野436-3
TEL:0739-54-0322
Fax:0739-54-0322

 
TOP
またたび
野草健康茶
野草風呂
健康酒
ウコン粉末
南高しそ漬け梅干し
お支払い方法・送料
通信販売法表記
会社概要
理念と実践
お問い合わせ

 またたびの実・ご利用方法

マタタビ (さるなし科) 生薬名  モクテンリョウ

 猫にマタタビと言うが、猫がこれにじゃれる様子はすごいし、疲れきった旅人が、マタタビの
実を食べて、更に元気百倍、旅をつづけたというマタタビ語源説と合わせて、昔から強精薬とさ
れているが、これは眉つば物。
夏、下向きに咲く白色五弁の花は、白梅を思わせるような芳香の
ある花で、この花の蕾の頃から、葉の先が白く変色するので、遠くからでも目立つ。花が終わる
といつのまにか白変は消える。これは昆虫の飛来に為になるのであろう。
       
 (またたびの木)      (二種類のまたたびの実)  (生薬、乾燥モクテンリョウ)
         生薬モクテンリョウは虫こぶ(花マタタビ) 
 マタタビの蕾の頃か、開花直前に花の中心の子房に「マタタビノアブラムシ」と言う小さな昆
虫が産卵する。卵を産み付けられた子房は、正常な果実になれず異常発育をして、虫こぶ状のも
のになってしまう。これをモクテンリョウと呼んで、薬に用いる。
虫こぶにならない正常な実は
、塩漬けなどにして食用にするが、薬効はない。

成分 マタタビ酸、マタタビラクトンのほか、鎮痛効果のあるアクチニジン、利尿作用のある
ポリガモールなどがある。 冷え性・利尿・強心・神経痛・疲労回復等に
  
(薬草のすべて)
より


   <マタタビ酒の作り方>     用意するもの
   
マタタビ生の実1k       広口ビン      35度ホワイトリカー    氷砂糖500〜1k

(注)マタタビの生の実がない場合は乾燥マタタビ(生薬モクテンリョウ)150gで充分。

材料 1.マタタビの実(虫こぶ)生の実の場合1k・乾燥マタタビの場合150のどちらか
     2.氷砂糖 500〜1kg  黒砂糖やハチミツでもかまわない。
      3.ホワイトリカー 一升  35度のものを。
      
4.風味を持たせる為にレモンを輪切りにして1個分入れても良い。

作り方 1.マタタビの実を広口のビンに入れます。
       2.氷砂糖、レモンを入れ最後にホワイトリカーを全部注ぎます。
       
3.冷暗所で保管をし、3ヶ月静かに熟成させます。
        
4.半年、1年と置くほど深みのある良いマタタビ酒になります。
           5.20〜30ccを毎日、おやすみ前等にお飲みください。 
            6.レモンは1ヶ月を過ぎた頃に取り出してください。 
             7.マタタビの実は漬け込んだままでもよろしいです。
          
生の実をビンに入れた所       1年物のマタタビ酒     3ヶ月浸けた乾燥マタタビ酒

    <生のマタタビの実、塩漬け>  基本  虫こぶ状の花マタタビ

(注)  この塩漬け方法は、あくまで基本です。ご自分にあった塩漬け方法で
    行なっても結構です。

   1 マタタビの生の実を水洗いし、充分に水分を拭き取って下さい。
    2 マタタビと塩は10対2、市販のプラスチック用、漬物容器に、マタタビに実1kを入れます。
    3 塩を200g入れよく混ぜます。
    4 押さえ蓋をしてその上へ重石をのせて下さい。
    5 約、2週間〜3週間漬け込んでください。涼しい場所で保管して下さい。
    6 保存が利きますので、食べたいぶんだけ出して食べて下さい。
    7 塩分がきついと思われる方は、塩出しをして下さい。
    (塩出し方法)
      少ない、水道水の量で、マタタビの実を必要な分、ざる等に入れ12時間さらして下さい。
      水をさらす時間によって、好みのマタタビの味を楽しめます。

    <マタタビの酢漬け> 
     
     7の塩出しをした、マタタビの実に適量、砂糖とみりんを加え酢漬けにも出来ます。
     砂糖とみりんの量は好みがありますので、ご自分に合わせてください。