マタタビ写真集
  またたびトップページ

 当社の加工場から3分程の谷川筋の杉林の中に
茂っているマタタビの全容です。この様に谷川沿いの
林の中で生育するマタタビと谷川の水際に成育して
川を覆う様にして茂っているマタタビがあります。

マタタビの木には、雄と雌があります。
いくらマタタビの木が沢山生育していても実が成らな
い木が茂っている場所もあります。
マタタビはツル性植物なので杉の木などに巻きついて
8メートル位の高さまで巻きついて上がっていきます。
古木のマタタビになると幹の直径が20センチ位に
まで大きくなるものもまれにありますよ。
    当方栽培のマタタビ(虫こぶ.中えい果)   当方栽培のマタタビ(虫コブにならない細長い実)
    
 6月になるとハッキリと葉が一部白く変色してきます。     当方のフェンスに茂っているマタタビの姿


       マタタビの根  健康酒に使用
  

           マタタビの蕾


    マタタビ生の実 虫こぶ状の実(虫えい果
     マタタビ健康酒に、塩漬けに、猫ちゃんに
  

    乾燥させたマタタビ (乾燥モクテンリョウ)
   マタタビ健康酒に、煎じてお茶に、猫ちゃんに


       
 またたび粉末(虫こぶ100%)自社製品  またたびの葉粉砕葉   虫こぶの実と細長い実